仕事帰りにオーダーをし、レジウェイティングを通していたのですが、夕刻という事で結構混み合っていました。仕方なく普通に並んでいたのですが、前の人がカートいっぱいにたくさんのものを買っていました。お酒のケースやらなんやらで、恐らく1万円目論見かと思われます。ようやく自分の番になり千円以下のオーダーを無事に終えました。

 帰ろうとパーキングを歩いていると、先ほどレジで前にいた人がカートを押していたのですが、買ったペット食物を無くし気付かないでいた見てくれでした。単独はそれを拾い「落とされましたよ」と与えるとはっと気付いたようで「すまん、ありがとう」と言っていました。ちっちゃな細やかですが、こういう事をいつでも自然に出来るようにしたいと思います。

以前、亭主が帰って来るなり、ニヤニヤしながら私の人物に歩いてきました。何かあったのか聞いて見ると、宝くじが当たったとの事でした。それも3万円もだ。当たったことにも驚いたのですが、亭主が正直に自分に報告してきたケースに頂点驚きました。自分は、女性友と共に食事をした事をなかなか正直に話さないので、なんだか悪い思いがしました。なので、それはあなたの魅力に使ってと伝えました。

数日経って、宝くじの事はすっかり忘れていたのですが、亭主が週末に一緒にでかけようと行ってきました。いつもは行かない食堂へ行こうと誘ってくれたので、2人できちんとした衣装に着替えて行きました。フレンチでも堅苦しくない、ふる里風の美味しい食堂。もちろんこんなところで取るのは10時代風くらい。きっと神様が、小さなサービスをくれたのだと思います。ルメントシャンプーは楽天が安い?

選手は全員精一杯がんばったと思います。予選勝利できなかった結果、必ず戦犯を探そうとする人がいますが、あんな人は真のサッカー好きではないと思いますね。戦犯見出すより4歳後のことを考えろと言いたいだ。勝てなかったのは事実ですが、それは決して選手が手法を抜いたわけでも、勝つ心情が無かったわけでもなく、それが今の日本の実力だ。だからこそ、4歳復路さらに強くなるためにどうすればいいのか考えるべきですね。

その4歳後のW杯ですが、今大会アジア勢の具合が悪く、実は1勝も出来てません。このままだとアジア範囲4.5が減額患う苦しみが出てきました。

もし減らされたら、今まで以上に死に物狂いで予選を戦わないといけなくなりますので、おまかせではありますが、残り1争い韓国には一矢報いて欲しいですね。

こんばんわ。

今日も無事に出勤を終えました。

応対職業なのでいつもアクセスが満杯でむくんでます。

近年、豪雨が続いて湿気が多くて困ります。

クズ投げ棄てに行った段階、虫がわいてたんです。

まぁナメクジなんですけどね、ちょっとそっち見て問い合わせ。

カタツムリだと「あ、梅雨だからですな~。」と

ほのぼのした気持ちになるんです。

でも、ナメクジですど「ゲッ」っておもうだけ。

なんで殻があるとないとじゃ、捉えほうが違うのでしょう…。

そりゃ全く別物の生き物ですけど

見た事柄には主流一緒のに…。

あのくるくるの殻の猛威…半端ないと昨今気付いた日光でした。

ちなみに、カタツムリのあの歩いた後の転び原材料、

お肌に良いらしき。カタツムリエッセンスという名前が

よく薬屋か何かで見るんです。

じゃぁ、ナメクジは?と思いますよね。

まぁナメクジエッセンスなんて聞いただけでも

鳥肌ものですけど…。シースリーの公式サイトはこちら

その老人ホームで待遇人員会議というのがありました。設備の人員、ナースくん、担当の介護人員くん、リハビリの役回りくん、栄養士くん、クリーニングイミテーションくんと婦人己と家族である我々が入り込み、婦人の介護をどのようにしていくのかを相談するという会議だ。計画書を端末からプロジェクターで画面に映し、その場でネゴされた目的がログオンされていきます。婦人の願望として、男鹿に行きたい、二人程の近くに会いたいなどが伝えられていました。設備の人員からはそれぞれの専門での処遇の動向が評価されました。私としてはあまり細かいことは構わず、手当にあたって要るだけでもありがたいという機嫌でしたが、きめ細かく処遇を検討してもらっている気配に心が下がるモチベーションでした。

TOKYOラッシュアワーは、結構面白い。おとなが役回り放置でテレビにラジオという高名インターネットブログも、

TOKYOラッシュアワーは、ウーマンラッシュアワーがはまっていると書いていたし。私もそう想う。

あのインターネットブログは贔屓ですな。読み方が面白いし、ああいう刑のインターネットブログで唯一だとおもう。味方がオリジナルで面白いし、

自分の核心を書いてくれているのもよい。参考になる。ばいきんぐ月曜日は、我々は面白いと思わないのだが、面白さが頷けるヒトには

極めるのだろう。作者のK助のセンスはさすがとしか効くみたいがない。大人気インターネットブログです。うらやましい。

私もあの戦略のインターネットブログをやりたいのだが、いかんせん、お忙しい。生きがいにしたいのだが、譲ってくれないだろうか?
洗顔石鹸ならこれがおススメです

憂鬱な気分で、調布駅舎にて各停に取り替えると、今度は30程の女性が大きな口を開け、いびきをかいている。カラダは斜めに傾き、2シートにわたって占領して要る。上一押しすると床に滑り落ちそうな盛況です。

いい階層してみっともないなあ。ていうか、サラリーマンって大してくたびれるのか…

あれから約10階層。心の底からなりたくないと思っていたOLとして、わたしは毎日鉄道に股がる。確かに鬱陶しい時も、くたびれる時もある。だが、学生時代のわたしにはわからなかった魅力も生じる。人間勤務メインと異なり、店のマネーで思い切って営業にチャレンジできる。個人では無理強い会ってくれないような先や省庁のやつと会って受け取れる。一緒に醍醐味も悲しみも共有こなせる仲間が掛かる。営業がきっかけではないとそんなに行かないようなフロア、触れられないようなDBも残る。

随時生ずるのが遅くなるとゾンビのユニットに遭遇するが、毎日ゾンビの部員になるかどうかは自分の人格順序です。

ミッドナイト、同年代のダディー働き手と鉄道で親分の講評で燃える。勿論、会社で自身に直接話すように活動はやる。しかし、できるだけ前向きに話すにはせりふを選ぶ肝要もあるし、言いすぎると嫌われるからぐっとこらえることもある。押さえつけていたせりふが、鉄道の中で貸し出し空気とともに吐露受けるのだ。周りには不自由かもしれないが…

同僚の女性は疲れたのか、大きな口を開けて寝ている。ただ、妻は無駄にだらだら仕事したくないから、会社ではたえず一番ギアです。限られたスパンで生産性を褒めちぎるために、ある程度念頭を全身全霊させて要る妻には、帰りの鉄道が、低いほっとやれるスパンです。たまには寝てしまっても、宜しいじゃないか。周りには不自由かもしれないが…

僕にいうライセンスはないが、世の学徒の皆さんには、鉄道の中で疲れたOLを見たら「この人は会社で頑張っているユーザーですな」と思ってやるようにしてほしい。「OLに憧れを持て」とは言わないから。全身脱毛するならシースリーがおすすめですよ